医療の発達と免疫療法について知りたい

PAGE LIST
Google
医療の発達と免疫療法について知りたい

最新医療の免疫療法とは

がんの治療法では最新医療と言えるのがこの免疫療法です。
その中でも免疫細胞療法、別名活性化リンパ球療法と呼ばれる治療法をご紹介します。
活性化リンパ球療法とは、患者本人の血液から、リンパ球を取り出して、それを約1,000倍に活性化増殖させて、点滴などでふたたび体内に戻す療法です。
人の体内では常にがん細胞が生まれていますが、免疫機能でがん細胞が増殖するのをおさえています。
このがんの増殖を抑える役割を担っているのがリンパ球で、がんなどの悪性の細胞を排除してくれているのです。

しかし、免疫力が弱まってくると、がん細胞の増殖を抑える力が弱まり、がんは大きくなっていきます。
活性化リンパ球療法は、患者のリンパ球を活性化増殖させ、体内に戻すことで、免疫力を回復、高めます。
この免疫力を回復させることで、がんを自己治癒力でやっつけるのです。

この免疫療法によって期待できる効果は、一つ目はがんの再発予防、二つ目はがんの進行の防止、三つ目はQOLの改善です。
自分のリンパ球を使うのでこの療法による副作用はとても少なく、身体に優しい治療法であり、様々な種類のがんに適応できるというメリットがあります。
副作用としては風邪をひいた時にウイルスをやっつけるために体は熱を発生させますが、これと同じように発熱することがありますが、37度程度の場合がほとんどのようです。
手術や放射線治療などの高度な医療によってがんを摘出しても、小さながんが体内に残っている場合があります。
そんな時こそ免疫療法は適用するとよいと思います。

関連リンク

Copyright (C)2017医療の発達と免疫療法について知りたい.All rights reserved.