医療の発達と免疫療法について知りたい

PAGE LIST
Google
医療の発達と免疫療法について知りたい

新しい医療での免疫療法のメカニズム

人間の体には、一度かかった病気には二度かからないという仕組みがあります。
はしかやおたふくかぜなどがその代表ですが、これは体が持っている免疫のシステムによります。
病原体を弱めて接種することで病気を予防したりかかりにくくする予防接種もこの免疫システムを利用したものです。
免疫システムでは、特にリンパ球が中心になっています。
最近は、この免疫のシステムを応用した医療が免疫療法として注目されています。
免疫療法では、特定の病気の患者さん本人からリンパ球を取り出しターゲットとなる病気の細胞に特に有力に働きかけるリンパ球を体外で培養します。
そして、培養したリンパ球を対利用に体内に再び戻すことでリンパ球に病気の細胞を攻撃させるのが免疫療法の主なメカニズムです。

免疫療法がとくに注目されている医療はがん治療の分野です。
これまでがんの治療では、手術を中心とした外科療法・抗がん剤などを用いる化学薬物療法・そして放射線療法が中心でがんの3大治療法と言われてきました。
昨今ではここに免疫療法が加わり、免疫療法はがんの第4の治療法と呼ばれて期待されているのです。
免疫療法にもいろいろな種類がありますが、リンパ球の活動を活性化させてがん細胞を攻撃させるというメカニズムは共通しています。
まず大別して、体内にリンパ球が活性化する分子を投入する方法とリンパ球を取り出して体外で培養、強力なリンパ球を大量に戻すことで免疫力を上げがんの治療を行うものがあります。
リンパ球を体外に取り出す方法では、がん組織そのものに集中しているリンパ球を取り出すことでよりがんへの攻撃性が高いリンパ球を培養する試みもされています。
これは高度先進医療のひとつとして着目されています。

関連リンク

Copyright (C)2017医療の発達と免疫療法について知りたい.All rights reserved.