医療の発達と免疫療法について知りたい

PAGE LIST
Google
医療の発達と免疫療法について知りたい

免疫療法による予防医療について

病気を予防するには免疫療法が有効です。
医療といえば病気になったときに治す「治療」が中心だと思われがちですが、そんなことはありません。私たちにとって身近な「ワクチン療法」は実は免疫療法の一種です。
予防接種とも呼ばれています。
ワクチンとは弱毒化または無毒化した細菌やウィルスのことです。
これを体内に投与すると、身体に備わっている免疫系が働き、ウィルスを除去します。
このときリンパ球の一種であるB細胞がこのウィルスの種類を覚えておき、次回に入ってきたときに素早く敵であることを見分けて攻撃します。
ワクチン接種後数日間、軽い熱が出たり身体がだるかったりすることがありますが、それは私たちの免疫系が正常に働き、次回のウィルス侵入に備えている証拠です。
人によってはワクチンの副作用が起きない人もいますが、効果はありますので安心してください。

ワクチンには様々な種類があります。
風疹ワクチンは多くの女性が接種済みでしょう。
妊娠初期に風疹にかかると赤ちゃんに悪影響がでることが多いので、国も女児への接種を推奨しています。
近年麻疹や風疹が流行っており、医療機関によっては入荷できない状況になっているようですので、接種を希望する場合は早めに病院へ行くことをお勧めします。
麻疹・風疹に限らず、ワクチンで予防できる病気は、接種しているか否かで実際に病気にかかったときの重度が全く異なります。
特に高齢者は免疫力が弱まりますので、元気なときにワクチンを接種しておきましょう。

関連リンク

Copyright (C)2017医療の発達と免疫療法について知りたい.All rights reserved.