医療の発達と免疫療法について知りたい

PAGE LIST
Google
医療の発達と免疫療法について知りたい

医療機関のがん免疫療法について

現代では、がんは早期発見であれば、治る見込みのある病気だと言われています。

しかし進行性の早いものであれば、本人が気がつかない間にがん化が進んでしまうこともあります。
病院などの医療機関でのがんの治療法には、次の方法が取られています。
主な治療法には、手術によるがん細胞の切除、抗がん剤の服用、放射線療法の3つが代表的なものでしょう。

しかし、がん化がすでに進み、手術を受けることも、抗がん剤の服用も、放射線療法も受けることができないという場合もあります。
このように、何も治療の術がなくなってしまった場合において、患者自身の体力もすでになくなっている場合もあります。
そういった場合、まだ望みを捨ててはいけません。

それは、がん化がすすみ、体力が衰えてしまった患者にも最後の治療法があるからです。
その治療法とは、免疫療法です。
免疫療法とは、本来、人が持つ自然に病気を治してゆく自然治癒力を引き出す方法です。
すでに末期の方では、免疫療法の効果は完全に回復するほどの効果は期待することはできませんが、免疫療法を続ければ、より長く生きる可能性がでてきます。
免疫療法が一番効果的に現れるのは、やはり初期の段階でしょう。
現在の医療機関でも、この免疫療法に力を入れている病院があります。
免疫療法を目的とする健康食品が数多く製品化されています。
また自律神経を針などで刺激する自律神経免疫療法などもあります。
この免疫療法については、現代の医療ではまだ研究段階でありますが、近い将来には手術をしない治療法として実用化する可能性もあります。

関連リンク

Copyright (C)2017医療の発達と免疫療法について知りたい.All rights reserved.