医療の発達と免疫療法について知りたい

PAGE LIST
Google
医療の発達と免疫療法について知りたい

がんの新しい医療行為免疫療法とは

免疫療法という言葉を聞いたことがあるという人は増えているはずです。
これはヒトの体にもともと備わっている免疫力を高めることによって病気の治癒をさせる目的の医療方法です。
私達の体には免疫細胞などの免疫系の機能があります。
この機能は、体の中に侵入してきたウイルスや病原菌を駆除させたり異常が発生した細胞を死滅させて常に体を健康に守ろうというはたらきをする重要なものです。
通常は免疫力のおかげで大きな病気をしないのですが、免疫力のバランスが崩れると病気になりやすくなります。
健康な人でもがんは常に発生しているのです。

しかし免疫細胞によってがん細胞は攻撃され死滅させるアポトーシスがはたらくために、がん発症を未然に防ぎます。

しかし、免疫細胞のはたらきよりもがん細胞の増殖のスピードのほうが速くなってしまった場合に、がんを発症させてしまいます。
がんが広がる上に、がんにかかることで患者の免疫力はさらに弱まってしまい、自分の免疫力でがんを治すことは出来なくなります。
そこで医療機関で内科療法や外科療法、放射線療法によってがんを治療することが必要になります。
これらの治療法はがんには効果がありますが、患者の体に大きな負担を与えるものです。
そして新しく注目されているのが免疫療法です。
これは患者の免疫力を高める治療法なので副作用がなく体の負担がないのがメリットとされています。
免疫療法には患者の免疫力を高める方法と、体外から免疫物質を投与する方法があります。

関連リンク

Copyright (C)2017医療の発達と免疫療法について知りたい.All rights reserved.